JSTR 日本胸部放射線研究会
日本胸部放射線研究会とは?

胸部放射線医学(Thoracic Radiology)とは、肺・縦隔の画像診断やIVR(Interventional Radiology)を中心とした放射線医学の重要な領域のひとつです。本研究会は、日本の胸部放射線医学のスペシャリストが集結し、互いに切磋琢磨することにより、臨床・研究・教育、それぞれのレベル向上を目指して、様々な活動を行っています。本研究会は、日本医学放射線学会の傘下にあり、また、その活動は、NPO法人日本胸部放射線医学機構の支援を受けています。


沿革、歴代代表幹事

1987年 設立、第一回胸部放射線研究会開催(岡山) 代表幹事:河野通雄(神戸大学) 幹事:曾根修輔(信州大学)、土井修(聖路加国際病院)、蜂屋順一(杏林大学)、大場覚(名古屋市立大学)、池添潤平(愛媛大学)、中田肇(産業医科大学)、林 邦昭(長崎大学)
2002年 代表幹事:池添潤平(愛媛大学)
2003年 代表幹事:村田喜代史(滋賀医科大学)
2003年 NPO法人日本胸部放射線医学機構設立  理事長:村田喜代史(滋賀医科大学)
2009年 代表幹事:村山貞之(琉球大学)
2011年 代表幹事:酒井文和(埼玉医科大学国際医療センター)


これからのイベント

お知らせ